トランクルームはバイク保管に使える?種類やおすすめサービスを解説

バイクの保管場所を考えたとき、専用の駐車場を借りるほか、屋外トランクルームも候補に上がります。

そこで今回は、バイクを保管できるトランクルームの種類や、おすすめのサービス、また借りる際の注意点までまとめました。

バイクの保管用にトランクルーム利用を検討する際には、ぜひ当記事をチェックしてみて下さい。

目次

トランクルームはバイク保管に使える?

そもそもの話ですが、屋外に設置してあるコンテナタイプのトランクルームであれば、多くの場合バイク保管に使えます。

例えばトランクルームを全国展開している加瀬のレンタルボックスは、通常の屋外トランクルームへのバイク保管も許可されていますし、バイク専用のトランクルームもレンタルされています。

バイクをトランクルームに保管している様子
出典:加瀬のレンタルボックス「バイク専用ボックス」
ハコミツ編集部

バイクを保管するなら、だいたい2畳くらいのトランクルームを借りれば、1台をすんなり収納できるくらいのスペースを確保できます。

バイクを保管できるトランクルームの種類

次に、バイクを保管する用途で使えるトランクルームの種類について解説していきます。

  • 屋外トランクルーム
  • バイク専用トランクルーム
  • 屋外バイクヤード
  • 屋内バイクヤード

主に上記4つに分かれますので、予算や重視したいことによって選んでみて下さい。

  • この項目のトランクルームの画像は、加瀬のレンタルボックスから引用しています。

一般的な屋外コンテナ型トランクルーム

屋外トランクルームは様々な広さのものが貸し出されているため、例えばバイクを2台入れたいときや、バイク以外に車のタイヤやその他家財も入れておきたい場合などでも対応できるメリットがあります。
また、費用も比較的リーズナブルなことがほとんど。

一方でバイク専用ではないため、例えば鍵が通常の南京錠タイプだったり、そこまでセキュリティを重視した作りになっていないこともあります。また出入り口が一段高くなっていることが多いため、別途バイクスロープを用意する必要がある場合も。

2.0畳の広さなら、地方ならだいたい月額10,000円〜、都心なら20,000円〜程度が相場です。

ハコミツ編集部

そこまでガチガチのセキュリティではなくて良い方や、できるだけ月額費用を抑えたい方におすすめです。

バイク専用のトランクルーム

バイク専用のトランクルームは、スロープがあってバイクを収納しやすくなっていたり、バイク用品を収納できる棚やスペースが付いていたりと、バイカーにとって嬉しい設計になっているのがメリット。

またセキュリティ面や開け閉めの手間を考えて、電子錠になっているトランクルームなども増えてきました。

一方でそもそも貸し出されている数が少ないことや、一般的な屋外型トランクルームよりも割高になることが多いのがデメリット。

大体2.0畳ほどのスペースになっており、地方なら12,000円〜、都心なら20,000円〜が相場です。

ハコミツ編集部

バイク専用スペースとして、こだわってトランクルームを用意したい方におすすめです。

屋外バイクヤード

バイク専用のトランクルームの敷地に、屋外のバイクヤードが設置されていることもあります。

雨ざらしの屋外施設ですから、とにかく料金が安いのがメリット。施設によっては、都内でも3,000円程度で借りられるようなスペースも存在します。

一方でセキュリティや保管環境は、他の施設と比べると難がありますので、料金とのトレードオフになります。

相場は地域により、2,000円〜5,000円程度。

ハコミツ編集部

とにかく料金重視で選びたい時の手段ですね。家の真横にたまたま屋外バイクヤードがあった時などは、特に使いやすいかもしれません。

屋内バイクヤード

屋内バイクヤードは、他の利用者と共同ではあるものの、ある程度セキュリティがしっかりしているのがメリットです。

防犯システムなども設置されていることが多く、またちょっとしたバイク用品を置けるような収納スペースが付いていることも。

デメリットは数があまりないことや、屋外バイクヤードと比べると料金が上がることです。

相場はマチマチですが、5,000円〜10,000円程度。

ハコミツ編集部

個別のコンテナを借りるほどではないけど、ある程度セキュリティにはこだわりたいという方におすすめです。

バイク保管用にトランクルームを借りられるおすすめサービス

それでは、実際にバイク保管用のトランクルームを貸し出しているトランクルームサービスをご紹介します。

全国展開の企業を2つご紹介しますので、これで大体家の近くのものが見つかると思います。

加瀬のレンタルボックス

こんな人におすすめ!

  • 初期費用を抑えたい人
  • 今すぐにでも使いたい人
  • 色々な種類のバイクヤードを検討したい人

加瀬のレンタルボックスは、全国に屋内外のトランクルームを70,000室以上展開しているサービスです。

初期費用が「事務手数料(月額料金1ヶ月)+翌月分料金の先払い」のみで、当月分の料金は無料になるため、費用面でかなりメリットがあるトランクルームサービス。
一方で屋外トランクをバイク収納として使う場合は、別途バイクスロープを用意する必要があるのだけは注意しましょう。(地域により配送料負担のみでレンタルも可)

「申し込みから最短10分で使える」と銘打っており、スピーディに利用開始できるのも魅力です。

\ 加瀬の公式サイトをチェック /

ハローストレージ

こんな人におすすめ!

  • 家の近くで選びたい人
  • 長く利用したい人

ハローストレージは全国90,000室以上のトランクルームを展開している、日本最大級のトランクルームサービスです。

そのためとにかく物件数が多く、家の近くで探しやすいのがメリット。月額料金も抑えめですが、初期費用は他のサービスと比べて多少割高になるため、長期で利用する際におすすめです。

\ハローストレージ公式サイト/

バイクの保管用にトランクルームを借りる際の注意点

最後にバイク保管用にトランクルームを借りる際の注意点を、いくつかご紹介しておきます。

さすがに2階は無理

屋外コンテナタイプのトランクルームには、2階建てのものも存在します。

いくらスロープや移動式階段があっても、流石にバイクは2階部分には保管できません。

2階の方が安いことも多いため「よく確認せずに飛び付いたら2階だった」ということも考えられますから、重々注意して選んでください。

バイク整備は禁止されていることも多い

屋外コンテナタイプのトランクルームを借りたとして、その中でバイク整備などの作業をするのは、多くのサービスで禁止されています。

あくまで保管場所ですから、その辺りも規約を重々確認して、トラブルにならないよう気をつけて下さい。

まとめ

トランクルームは、バイクの保管にも便利に使えるサービスです。

ぜひ自分の用途や目的にあったトランクルームを探して、上手に利用してみて下さい。

ハコミツ編集部

セキュリティのことも考えると、基本的には2.0畳程度のコンテナタイプか、バイク専用ボックスがおすすめです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

トランクルームを愛しています。
日頃からトランクルームをフル活用している知見をもとに、全国津々浦々のおすすめトランクルームをご紹介しています。

目次
閉じる