宅トラの口コミ評判。ヤマトが配送してくれる宅配トランクルームの実態を調査!

今回は宅配トランクルームサービスの「宅トラ」について解説します。

最近どんどん増えている宅配型のトランクルームですが、ついに配送業界大手の「ヤマト運輸」とタッグを組んだサービスが登場しました。

そんな鳴り物入りで始まった「宅トラ」ですが、そのリアルな使用感や評判はどうなのでしょうか?

利用している方の口コミや他社サービスとの比較も交えながら、「宅トラ」について詳しく解説していきます。

評判まとめ
  • 長期利用する際にコスパが良いと評判
  • 特に月額料金は、他社と比較してリーズナブル
  • あまり頻繁に出し入れしないものを長期的に預けたい方におすすめ

\宅トラ公式サイトへ/

目次

宅トラとは

宅トラは、株式会社クオリティライフ・コンシェルジュが運営する宅配トランクルームサービス。

配送や倉庫はヤマト運輸が、倉庫管理は株式会社トモエが担当しており、3社ががっちりとタッグを組んで始まったサービスです。

宅配トランクルームは地域が限定されるサービスもある中、さすがというべきか全国対応しているのが特徴。地域ごとに少々配送料金の差などは出てきますが、日本のどこにいても使えるのが魅力のサービスです。

会社名株式会社クオリティライフ・コンシェルジュ
創設日2002年12月6日
対応エリア全国
配送にかかる期間最短で翌日〜大型荷物は要確認
敷金、礼金不要
契約手数料プランによる
最短契約期間6ヶ月
支払い方法クレジットカード(一部現金)

預けられる荷物の例

宅トラは、預けられる荷物の幅が広いのも特徴です。家具家電で大きすぎるものは預けられない宅配トランクルームも多いのですが、宅トラにはあまり制限というものがありません。

宅トラに預けられる料金の例とシミュレーション画面
出典:宅トラ公式サイト

上記のシミュレーション画面にある通り、冷蔵庫やストーブ、食卓テーブルなど大型の家具家電も預けられます。

もちろん大きさに応じて値段は変わってきますが、そもそも預けられないサービスも多い中で大きなメリットですね。

ハコミツ編集部

大型の家具家電は、自分で運ぼうと思うと大変ですから、その手間や置き場所を考えるとかなりメリットのある宅配トランクルームサービスですね。

\宅トラ公式サイトへ/

宅トラの口コミ評判

宅トラを利用している方の口コミを調査して、良い口コミと悪い口コミに分けて整理してご紹介します。

今回はWEB調査にて、宅トラを利用している男女50名から意見をいただきましたので、代表的なコメントを掲載しながら良し悪しをまとめました。

宅トラの良い口コミ

  • 予約してからすぐに配送してくれるのが良いと思う。車がなくて普通のトランクルームを使うのが難しいので宅トラを使っている(32歳男性)
  • ゴルフバッグを預けている。日時指定すればゴルフ場まで届けてくれるから「家と倉庫とゴルフ場」をゴルフバッグが行ったり来たりしている(41歳男性)
  • 我が家はキャンプが趣味なのですが、夏場にしか行きませんので、冬場はキャンプ道具一式をごっそり預けています。ついでに衣替えのタイミングに服とかも預けられるし、一石二鳥。(37歳女性)
  • 冬に使うストーブやアウターなどをごっそり預けています。虫食いとかにもならないし、ちょうど良いです。もう少し安くなればもっといい。(40歳女性)
  • 荷物を送るのもいつもヤマトを使っているので、なんとなく安心感があるから使っていた。(28歳男性)

宅トラを実際に利用している方は、本当に様々な用途で使っていました。

自宅に限らず希望した場所に配送してくれるため、ゴルフバッグを上手く預けて活用している方がいるのが面白いですね。家具家電を預けるだけでなく、アイデア次第で色々と活用できそうです。

基本的には長期的に預けている方が多く、概ね満足していました。

ハコミツ編集部

あまり短期的に預けるために利用している人よりも、シーズンを通して定期的に出し入れしている方が多い印象でした。

宅トラの悪い口コミ

  • 娘が就職するタイミングで一時的に家具を保管するために使ったが、半年契約だったので微妙に無駄があった。ただ配送してくれるのは良いと思う(46歳男性)
  • 出し入れにお金がかかるのが嫌だったので、普通のトランクルームに乗り換えました。ほかは特に不満はなかったので、もっと値段が安くなるといいと思う。(38歳女性)
  • 毎月払う料金はそうでもないが、初回の料金が高かった(38歳男性)

宅トラの悪い口コミは、主に「料金面」のものでした。

宅トラは「月額料金」自体はリーズナブルなのですが、出し入れする際に費用がかかることや、最低利用期間が6ヶ月であることなどから予算が合わなかったという方が見られました。

ただ初回料金は、現在キャンペーン中でかなり値引きされています。

なので焦点になるのは、頻繁に出し入れするか否かですね。

ハコミツ編集部

頻繁に出し入れするなら、家の近くのトランクルームも選択肢に上がります。しかしどんな荷物でも宅配してくれるのがウリですので、自分で預ける手間と料金とのトレードオフになりそうです。

\宅トラ公式サイトへ/

宅トラを利用するメリット・デメリット

サービス内容や口コミとして頂いたリアルな意見をもとに、宅トラを利用するメリットとデメリットを整理しました。

一般的なトランクルームや、他社の宅配トランクルームとも比較しながらまとめていきます。

預けられる荷物の量やサイズに関するメリット・デメリット

荷物について
  • メリット:預けられる荷物にほぼ制限がない
  • デメリット:大型の荷物は別途見積もりが必要

宅トラは、預けられる荷物にほぼ制限がないのが大きなメリットです。

宅配トランクルームサービスではある程度サイズや種類に制限があることが多く、例えば水まわりに関係する冷蔵庫や、大型すぎるベッドなどは預けられないことがほとんど。しかし宅トラなら問題なく預けられます。

一応、預けられないものの一覧は下記の通りです。

出典:宅トラ公式サイト

大型荷物だと別途見積もりが必要になるのは多少面倒ですが、それもシミュレーションページである程度の費用感はわかります。

ハコミツ編集部

出し入れする手間も考えつつ、家の近所のトランクルームを使うか比較検討したいですね。

宅配サービス内容に関するメリット・デメリット

サービスについて
  • メリット:配送はすべてヤマトが対応してくれて安心感がある
  • デメリット:初回引き取りや毎回の配送に料金がかかる

宅トラは、配送周りをすべてヤマト運輸が担当していますので、やはり実績ある企業ということで安心感があります。大型家具の取り扱いも慣れていますので、なんとなく「任せておけばOK」的なところは大きなメリットですね。

一方で、荷物を出し入れする際に毎回費用は発生します。

予算感が合うか否かが、宅トラを使うかどうかの分かれ道になりそうです。

料金面のメリット・デメリット

料金面について
  • メリット:月額料金は比較的リーズナブル
  • デメリット:頻繁に出し入れすると、割高になることが多い

宅トラは、普段預けている時にかかる月額料金は、他のサービスと比べてもリーズナブルです。

地域にもよりますが、段ボールが30箱ほど入るカート(1畳ほど)でも月額6,600円程度です。

これは一般的なトランクルームと比べてリーズナブルなのですが、わかりやすいように比較表を以下に用意しました。

サービス1.0畳(およそ)の月額料金(税込)
宅トラ6,600円
キュラーズ
(中野野方店)
16,657円
(キャンペーン料金11,660円)
キュラーズ
(名古屋新栄店)
12,414円
(キャンペーン料金8,690円)
キーピット
(東雪谷店)
11,770円
トランクハウス24
(世田谷砧)
16,300円
(キャンペーン料金7,050円)
トランクハウス24
(名古屋栄)
9,300円
(キャンペーン料金5,720円)

このように月額利用料はお得なのですが、一方で出し入れする際に毎回配送料が数千円単位で掛かってきます。

なので頻繁に出し入れするか否かということが、コスパの面で分かれ道になりそうです。

ハコミツ編集部

季節ものとかで半年ごとくらいにしか出し入れしないなら、宅トラはかなりコスパの良いサービスですね。
あと「ゴルフバッグ」などはどちらにせよ配送する方が多いと思うので、預けておくのもアリだと感じました。

\宅トラ公式サイトへ/

宅トラの料金について解説

ここでは、宅トラを利用する際にかかる料金についてまとめました。プランが色々とあるので、わかりやすく解説します。

初回費用

宅トラでは、初回の預け入れにプランや地域に応じた費用がかかります。

東京都を例に挙げると、以下のような料金設定です。

東京から預ける初回費用の例
プラン初回費用(税込)
ミニボックス
(130cm×104cm×104cm)
20,900円
レギュラーボックス
(170cm×104cm×104cm)
24,200円
ちびトラ3
(段ボール3つ)
4,950円
+箱代990円
ちびトラ5
(段ボール5つ)
8,250円
+箱代1,650円

ただし!この初回引き取り料が、今キャンペーンでかなりお安くなっています。

宅トラの初回費用割引キャンペーンの詳細

「6ヶ月保管料の半額相当」が初回費用から値引きされているので、かなりリーズナブルになっています。

ハコミツ編集部

初回料金がバカにならないので、今がチャンスですね。

月額料金

月額料金も、地域やプランによって変わります。

ここでも東京を例に挙げて解説します。

東京から預ける月額料金の例
プラン初回費用(税込)
ミニボックス
(130cm×104cm×104cm)
5,478円
レギュラーボックス
(170cm×104cm×104cm)
6,600円
ちびトラ3
(段ボール3つ)
1,628円
ちびトラ5
(段ボール5つ)
2,178円
ハコミツ編集部

他社サービスと比べると、月額料金はなかなかリーズナブルです。

搬出入にかかる料金

搬出入の配送にかかる料金は、以下の通りです。

東京でボックスタイプを配送する場合
東京でちびトラを配送する場合

最低利用期間

宅トラの最低利用期間は6ヶ月に設定されています。例えば「3ヶ月だけ利用したい」という場合でも6ヶ月分の料金がかかりますので、それは押さえた上で検討してください。

支払い方法

宅トラを利用する際の支払い方法は以下の通りです。

  • 倉庫に送る際の費用:現金
  • その他費用:クレジットカード

デビットカードなどは利用できませんので、クレジットカードが必要になります。

宅トラを利用する流れ

ここでは、宅トラの利用を始める際の流れをステップバイステップで解説します。

STEP
WEBから新規登録

まずは宅トラ公式サイトから、無料で新規会員登録をしましょう。

マイページに行くと、新規登録に進めます。

新規登録画面は、以下のような項目です。

氏名、連絡先、住所を入れるだけ。登録したら、次へ進みましょう。

STEP
プランを選択して申し込み

会員登録が終われば、以下のような画面になります。ここでプランを選びましょう。

「ちびトラ5」を選んでみました。すると、下記のように料金が表示されます。

問題なければ「申し込み手続きへ」を押して進みましょう。

STEP
スタートアップキットが送られてくる

申し込みが完了すれば、スタートアップキットが送られてきます。

内容は以下の通り。

ちびトラタイプ

寄託申込書、ご利用の手引き、ネコメモシール、利用規約、着払い伝票、ダンボール、返信用封筒 

ボックス・大型タイプ

寄託申込書、集荷依頼書、ご利用の手引き、Noシール、ネコメモシール、利用規約、返信用封筒

記入して返送して申し込みます。

STEP
荷物を預ける

スタートアップキットを返送すれば、あとは指定した日付に荷物を引き取りに来てくれます。

それに預ければ保管完了。あとは必要なときに出荷の手配をするだけです。

STEP
荷物の確認・必要なときに配送

マイページから、預けている荷物を確認できます。

荷物一覧の画面
荷物の写真

ここから、そのまま配送手続きや入庫手続きも。

出庫画面
入庫画面

好きな時にマイページから申し込みましょう。

まずは会員登録をして、プランを検討してみてください。

\宅トラ公式サイトへ/

宅トラの解約方法を解説

最後に、宅トラを解約する方法をご紹介しておきます。

ただものすごくシンプルで、預けている荷物をすべて搬出すればその時点で解約になります。

ハコミツ編集部

わずらわしい手続きがないのは良いですね。

まとめ

宅トラは、あまり頻繁に出し入れしない荷物を長期的に保管するときに、とてもコスパの良い宅配トランクルームです。

頻繁に出し入れするなら家の近くのトランクルームも検討した方が良いのですが、そうでなければ宅トラはかなりメリットの大きいサービス。

ぜひ検討してみてください。

\宅トラ公式サイトへ/

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

トランクルームを愛しています。
日頃からトランクルームをフル活用している知見をもとに、全国津々浦々のおすすめトランクルームをご紹介しています。

目次
閉じる